What's New! (2006.1.15) 新しいニュースがないので映画の感想です

    
短編映画が「TWO LOVE 〜二つの愛の物語〜」として公開
       全国主要都市で順に公開されていたのが、大阪での1月15日で最終日となりました

       ロビーでグッズも売ってたけど、何も買いませんでした・・・(^^;
       そういえば ロビーでは岩熊さんもお見かけしました

       「キャッチボール」は 男の子2人の会話がすごくおもしろかった
       時任さん演じるお父さんは 取引先に怒られて頭を下げてるんだとばかり思っていたけど
       ライバル会社から丸太を貸してもらえて頭を下げてたんだ・・・
       で なぜか私は 時任さんと一緒に丸太探しに行った大村という役を演じていた眞島秀和という人が
       結構気に入ってしまったのでした
       目が 大好きな俳優さんにちょっと似てたから…(^^;

       「君と歩いた道」は 観ないと全然わからないストーリーが隠されていました
       主役の男の子を何とも思ってなかったんだけど
       コンサートでも見た 教室の窓から外に女の子を見つけて ゆっくりと手を上げたシーンのあとに 
       すごくいい顔して 外をずっと見ているシーンがありました
       あと プールに制服で飛び込んだときの 水の中やプールサイドでのシーンは
       とても男っぽい感じだったし
       省吾の「君と歩いた道」は なんだか埼玉最終日で聴いたときに うるっと来てから
       ちょっと私の中の何かを刺激する曲となっています

       でも 隣の人は2本ともハンカチなしで観れない状態でした(私はハンカチいらずでした)

        浜田省吾ファンがこっそり作るページ

今日は大阪で 「TWO LOVE」を観てきました
思ったより長編だったので 前に座っていた男の子二人は
かなり後半は退屈そうで ごそごそしていました

ちょっと行くのめんどいなぁ・・・と思いながら行ったんだけど
でも やっぱりプロモーションビデオだけでは
飛び飛びでわからなかったところも よくわかったし
ストーリーとして理解できたので行ってよかったと思っています
(感想は下に)
                              (2006.1.15)

      Visitors to this page are 120988. Thanks!!
The Door for The Bluesky
The Door for The Bluesky